2016年09月22日

米国の中国総領事館放火事件、容疑者を逮捕

中国政府は19日、初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺した朝鮮独立運動家、安重根(アンジュングン)の記念館を、暗殺現場の黒竜江省ハルビン市のハルビン駅に開館した. 昨年6月に韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が中国の習近平(シーチンピン)国家主席に同駅での記念碑設置を求めていた. 韓国外交省は同日、「開館を歓迎し高く評価する」と談話を出した. 「安重根の記念碑、ハルビンに」韓国大統領、習主席に 中国の国営新華社通信や関係者によると、記念館は市政府と国鉄当局が出資し駅の貴賓室に開いた. 安の胸像や、経歴の紹介などを約100平方メートルの室内に展示. ホーム上の暗殺現場にも、事件の日付(1909年10月26日)を示したプレートが新たに掲げられた. 理由は不明だが、朴大統領の要請した「碑」を格上げした内容になっている. 19日の開館式典でも黒竜江省の副省長が「安重根は1世紀以上、人々に慕われてきた」と持ち上げた. ハルビンでは過去にも博物館に安の彫像や資料が展示されたり、公園に石碑が建てられたりしていたが、駅構内に表示はなかった. 3国の戦乱を終結させろ! ヴァニラウェア 米サンフランシスコの中国総領事館の正門が焼けた事件で、米連邦捜査局(FBI)は6日、在米中国人の男を放火などの疑いで逮捕した、と発表した. 動機や背景を調べている. 発表によると、逮捕されたのは、サンフランシスコ近郊デイリーシティーに住むフォン・イエン容疑者(39). 1日、何らかの発火装置を使って正門付近に放火し、著しい損壊を与えた疑い. デイリーシティーの警察署に3日、自首した. 米メディアによると、同容疑者は中国籍で、米国永住権を持つ. 総領事館の防犯カメラには、バケツに入れたガソリンをまいて火をつけ、ミニバンで逃げた人物が映っていたという. (ラスベガス=藤えりか).
posted by TamuraNaoko at 04:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください